chapter.6〈手仕事のこと〉

リュトモスでは一部の布製品を除き、全てのアイテムがミシンを使わない「手縫い」で仕上げられています。

そのままでは硬くて針の通らない革は、目打ちを使って穴を開けてから縫います。蜜蝋を引いた麻の糸の両端に針を付け、両側から交互に針を通す「サドルステッチ」という製法で縫っていくのですが、この製法で縫い上げると革に糸がしっかりと食い込んで、ちょうど両側から波縫いをしたようなカタチになり、とても丈夫な縫い目になります。ミシン縫いの場合には上糸が下糸をすくって縫う仕組みなので、糸が貫通していないためどこか一部がほつれると全てほどけてしまうという欠点がありますが、サドルステッチにはこの欠点がありません。

とはいえ、手縫いは文字通り「一針一針」が手作業なので、ひとつのモノを作り上げるために手間も時間も掛かります。それでも機械で縫うより丈夫で、何よりも革のコンディションがダイレクトに指に伝わるということ、そして大切な素材への感謝のしるしとして、手縫いであることにこだわっています。

もう一つのこだわりは、本当に自分が欲しいと思えるモノを作る事。リュトモスのアイテムは、徹底的に無駄なパーツや装飾を排したシンプルでミニマムなものがほとんどです。それは嗜好品ではなく日常的に愛用されるモノでありたいという考えのもとにデザインしているからで、それは同時にクラフトとしての美しさと機能性へのこだわりでもあります。

丹念に磨き上げられたコバ、フレキシブルな収納性、手に馴染む感じ、質感、重量・・・男性的な力強さと女性的な繊細さを兼ね備えたものを生み出すことがブランドとして、職人としてのプライドです。

ただ、説明されなければ手縫いであることに気付かない人も多く、大量生産されるモノとの差が伝わらない事もよくあります。それでも、手仕事の温もりを大切にしつつシンプルなデザインを心がけ、多くの人に愛され暮らしに寄り添うモノを目指していれば、きっと手仕事であることの良さは知らずとも伝わると信じて、今日も針を動かしています。

デザイナー・職人 飯伏正一郎

RHYTHMOS Order fair

2015年9月1日、ファクトリーレザーブランド「RHYTHM」は「RHYTHMOS/リュトモス」として新たなスタートを切ります。
そのお披露目として、定番アイテムに新作を加えた新たなラインナップで、全国6会場の受注会ツアーを開催いたします。
「これまで」と「これから」の新たな始まりに、是非足をお運びください。

〈RHYTHMOS Order fair〉
会期 9月11日(金)~10月25日(日)

[場所] 
9月11(金)〜9月13日(日) 東京 
Playmountain http://landscape-products.net

9月18(金)〜9月20日(日) 北海道 
Less http://less-style.net

9月26(土)〜9月28日(月) 大阪 
dieci http://www.dieci-cafe.com

10月2(金)〜10月4日(日) 愛知 
soup. https://www.b-soup.com

10月16(金)〜10月18日(日) 福岡 
organ http://organ-online.com

10月23(金)〜10月25日(日) 鹿児島 
216 JUNCTIONS STORE http://ni-ichi-roku.tumblr.com/


〈RHYTHMOS Workshop〉
三角形の小物入れ

RHYTHM→RHYTHMOS

先日もお知らせしました通り、RHYTHMは9月1日をもって新しいブランドへと生まれ変わります。


生まれ変わると言っても、商品や基本的な活動内容に変わりはなく、下積み8年~ファクトリーブランドとしての5年半を経て、第3ステージへ進む新たなスタートを切る一つの節目と考えています。

新ブランド名は「RHYTHMOS/リュトモス」となります。

リュトモスとは、リズムの語源となった古代ギリシャ語で、物の姿や形を示すのに一般的に用いられたそうです。これまでのコンセプト通り「命=RHYTHM」という意味合いに加え、素材から新たな「形」へ生まれ変わるという意味も含み、かつ原点回帰という意味でも、この「RHYTHMOS」という名前を選びました。

リュトモスのスタートとして、全国6ヶ所での受注会ツアーを予定しております!詳細はまた後日お知らせいたします。


RHYTHMOS 
Hand Carfted Leathers
全ての生命はその生を全うし、自然へ還りまた新たな命が生まれます。
「革」もまた命ある動物から素材へ、素材から品物へと、形を変えながら、命の温もりを繋いで行きます。形だけでなくその表情をも変化させ、月日を重ね持つ人に寄り添い、唯一無二の存在へと変化してゆく。
そんな、温もりあるブランドでありたいと願い、デザイン・使い心地・デティールにこだわり、一針一針手縫いで仕上げています。それは、命を分けてくれた動物たちへの感謝のしるしであり、
RHYTHMOSのプライドでもあります。