RHYTHMOS is a brand of handmade leather which works throughout the whole process from designing to manufacturing at an atelier in Kagoshima city.
The name “RHYTHMOS” is a word in the old Greek language, which is the origin of the English word “rhythm”, that refers to the appearance and shape of things.
Through our detailed work, we aim to provide customers with true representation of leather, a material embraced with rhythm of lives.
So, we prefer simple, concise designs without unnecessary embellishment. We are convinced that simplicity tells the true, real quality of our materials and excellence of our advanced techniques in the items.
We never stop to purchase the higher in quality and the better in handwork.
RHYTHMOS(リュトモス)は、鹿児島市内にあるアトリエで、デザインから製造までのすべてを自分たちで行うレザーブランドです。
ブランド名の「リュトモス」は古代ギリシャ語。「リズム(rhythm)」の語源で、物の姿や形を意味する言葉でした。
命の鼓動(リズム)が刻まれた革という素材を、丁寧な仕事でシンプルなフォルムに仕立ててお客様にお届けする。
そのために、極力装飾を省いた、潔いデザインを私たちは好みます。シンプルだからこそ、素材の品質や、技術の精度はそのまま伝わってしまう。
私たちが質の高い素材と手仕事にこだわるのはそのためです。
The materials of all RHYTHMOS items like wallets, card cases, bag, are selected by our designer himself from leathers with excellent quality.
Leathers are, in fact, raw materials produced as the side product in meat-eating habit of human world. Hence, we consider it is our mission as a leather brand to utilize this valuable materials of lives.
Leathers are from animals once alive, and thus most of them they come with expressions of life like spots, wrinkles, scar, etc. In the process of changing them into selling items, sometimes it’s unavoidable to see materials become unusable because of these flaws, while we RHYTHMOS try our very best to utilize the materials except in cases that the strength of the product would be affected.
We don’t mind to fall in love with wrinkles and freckles of mankind as we think they are unique, then why don’t we embrace these proofs in the leathers as the unique lives of animal?
財布・カードケース・バッグなど、すべてのリュトモスのアイテムには、デザイナー自らが選りすぐった上質なレザーを用いています。
皮革は、動物の肉を食べるという人間の営みの副産物として使われるようになった素材です。命をいただく以上、貴重なこの素材を活かしきることは、レザーブランドとしての私たちの使命だとも考えています。
動物からいただく皮革は、シミ・シワやケガの痕など、それぞれの個体が生きた証が残っているものが大半です。アイテムに仕立てる際に、それらの部分を規格外として弾かれるケースは少なくありませんが、リュトモスでは、強度上に大きな問題がある部分以外は、最大限活用することを心がけています。
人間のシワやそばかすが個性として愛されるように、革をくれた動物たちの生きた証も、アイテムの個性となるのではないでしょうか。
All our items are hand-sewed by the brands' professionals. 3 to 4 folded speed can be attained by using machines indeed, while we do have our reasons for making everything by hands.
First, it’s the irreplaceable strengths brought by handwork. In sewing machines, top threads are always laced together with bobbin threads so everything will get untied and loosened when only one single eye is cut. On the contrary, saddle stitch of our handwork allows threads to go through holes from both the outer and inner side that it cannot be not easily cut and even when it is, the damage ends up there without any influence to the entire structure.
Besides, natural material comes with uneven thickness while in hand-sewing, professionals can feel by hands, check by eyes and adjust in fine details so that sewing won’t be blocked even in the thick parts, which may happen in machines. Only advanced techniques in handworks can sew “like a machine does” for flawless, nicely arranged pieces.
リュトモスのアイテムは、全て職人たちの手縫いでつくられています。ミシンで縫製を行えば、同じものをゆうに3~4倍のスピードでつくることができる。それでもあくまで手仕事にこだわるのにはいくつかの理由があります。
ひとつは、手縫いの方が抜群に強度が高いこと。上糸と下糸を絡ませながら縫うミシンは、その構造上、目が一箇所でも切れると全部がほどけてしまいます。一方私たちの行う「サドルステッチ」による手縫いは、同じ穴に表裏の両方から糸を通しながら縫うため、簡単なことではほどけませんし、たとえどこかが切れてもダメージはその部分だけ済む。全体に影響することはありません。
さらに、革は天然素材ですから、当然、一枚の中でも厚いところ、薄いところがあります。縫う部分を目で確認するだけのミシン縫製では、厚ければ縫い目は自然と詰まってしまいます。手縫いでは、縫う部分を職人が手で触りながら縫い進みますから、わずかな厚みの違いによって縫い方を微妙に調整することができる。整然と乱れのない“機械のような”縫い目は、高い技術の手作業だからこそできることなのです。

designer

Shoichiro Ibushi

飯伏 正一郎 

いぶし しょういちろう

born in Kagoshima, Japan

鹿児島県生まれ。

Started self-learning leather crafts since 2002 when after quitting his academic-related position since university graduation. Worked as a tailor for a historical brand in the prefecture to make bags, wallets and many other precious tailor-made items, and had the first independent exhibition in 2008. Started being self-employed under the name “Rhythm” in 2010, and established “RHYTHMOS” as a corporation in 2015, an atelier with a shop and gallery was opened.
Involved in the design work of all items, and work at the front line to produce the items as one of the professionals as well.
大学卒業後に就いた教職を離れ、2002年より独学でレザークラフトの道へ。県内の老舗の紳士服テーラー所属のレザー職人として、バッグや財布など数々のオーダーメイドを手がけるなどの活動の後、2008年に初個展を開催。
2010年に「RHYTHM(リズム)」として独立。徐々に活躍の場を広げ、2015年「RHYTHMOS(リュトモス)」として工房を併設したショップを移転オープン。
リュトモスのすべてのアイテムのデザインを手がけるほか、自らも職人の一人としてすべての手仕事を手がける。