We received a new shop card.Thanks for @papierlabo.tokyo

新しいshopカードが出来ました。SNS等の普及で、ショップカードというモノの必要性が薄くなっているような気もしますが、やはりリアルな質感というかそこに存在する「モノ」って大事だなと改めて実感します。そんな中、緊急事態宣言を受けリュトモスのショップは25日からお休みしてます。新しいカードを配れるのはGW明けになりそうです。お休み中も、工房ではいつもと変わらず製作してますので、リペアのご相談や商品のお受け取り、春のギフト等、ご用の方には対応しますのでご連絡くださいませ。

RHYTHMOS
099-213-9012
shop@rhythmos.co.jp
臨時休業:4月25日(土)〜5月6日(水)

Keep making.

自分の職業を作家と呼ぶのか、職人なのかデザイナーなのか、同じようにモノを作る仲間と話す中でいろんなスタンスがあって、僕も含めてそれぞれのこだわりもあると思うのだけど、結局のところ「モノを作って生きている人」である事に違いはないと思う。

僕らが生み出すモノは、革製品、陶磁器、木工品、衣類、アクセサリーなど、ほとんどの場合「暮らしを豊かにする道具」であって生活必需品ではない、いわゆる不要不急なモノばかり。
それを作って生きている僕らは、こんな状況になり正直戸惑っているのも事実。生き方を根本から考え直さなければいけないのかも、と。

それでも僕は思うんです。自分のような人間にとって「作ること」=「生きること」であって、基本的にはどんな事があっても、どんな時でも「作り続ける」事を大切にしたいし、作る事を止めてしまったら自分という存在が揺らぎかねない、そう思ってます。単にそれしか知らない、それしか出来ないという側面もあるけれど。

だから今の非常事態の最中においても、作りたくても作れない(材料が手に入らない等)状況にならない限りは、手を止めることは無い。それはきっと、鹿児島のクラフト仲間はもちろん、手を動かしてモノを生み出している人たちは、ジャンルを問わずみんな同じ思いなんじゃ無いかと思っています。少なくとも僕はそう。

ただ、これを機に自分の活動を深く見つめ直すのは必要な事だと感じています。作りかた、材料、作る量、売り方、環境への負担とか。
僕の場合、調度そんな事を考えていたタイミングだったので、事態が収束して日常が戻ってきた時に、また僕らの作るモノが必要として貰えるよう、今までとは違う進化したモノ作りが出来るよう考えながら、作り続けたいと思います。

そんな訳で工房は変わらず稼働していますが、お店の方はしばらくお休みしようと思っています。
RHYTHMOSは小さいお店ですし、接客を大事にしています。お客様と距離をとってまで営業することよりも、安全面やモラルを優先しての判断です。

お店はお休みですが、ご自宅での過ごし方の一つとして、革製品のメンテナンス方法などを発信できたらと思っています。RHYTHMOSとして、一人の革職人として何ができるのか正解はわからないし、そんな情報でウィルスに勝てない事は百も承知ですが、ネガティブな情報だけでは心が病んでしまいます。

今は大人しく、健康を第一にお家で大切な家族と過ごしてください。

臨時休業
4月25日(土)~5月6日(水)

※ご注文品の受け取りやリペアのご相談など、必要な場合には対応いたします。
※ご来店の際は事前にご連絡の上、マスク着用でお越しください。

wish

10周年を迎えた今年、次の10年は「精神的にも肉体的にも社会的にも健康である事」を軸に据えると書いたのが2月の頭。その時にはまさか、こんな状況になるとは思っても見ませんでした。

コロナウィルスの猛威で世界中が苦境に立たされ、色んな事が次から次へと自粛になってしまい、仕事も日常生活も、何をするにも重苦しい雰囲気。先行きが不安だらけの中、自分達に今出来ることは何だろう?と考えを廻らす日々です。

僕らのお店でも、この春に10周年の感謝祭を企画していましたが、ひとまずは開催を6月ごろに見送ろうと思います。2ヶ月先にどういう状況になっているのかは分かりませんが、皆さんの健康と1日でも早い収束を願うばかりです。

友人や知人の仕事にも影響が出始めています。自分たちにその影響がやって来るのも時間の問題でしょう。自分たちだけでなく、身の回りの家族や友人、世界中の人たちの生活も守るために、皆が助け合う必要があると思います。願わくば、これを機に何が大切なのかに気づき、事態が収束したその先の世界に良い変化が起こる事を祈っています。