chapter.2〈メンテナンス〉

リュトモスでは、革本来の美しさや自然な風合いを最大限に生かす為、無駄な装飾を削ぎ落としたシンプルなデザインをこころがけています。植物のタンニンを使い丁寧になめされた革は、素材本来の風合いが特徴ですが、使い込む程に優しい艶が増し、深みのある色に育っていく「エイジング」と呼ばれる経年変化もまた魅力の一つです。

よく、お手入れの方法について聞かれますが、私たちはいつも「使う事が最大のお手入れです」と答えています。使う人と共に過ごしシミや傷がついたとしても、それはその人だけの味。使い続ける事で次第に手に馴染み、皮脂や衣類との摩擦により徐々に色と艶が増してシミや傷は目立たなくなります。実際、私が使っている財布もお手入れらしいことはほとんどしていません。

※写真は同じ革の色の新品(右)と約三年使用している私物(左)。

革は、使用条件や気温、湿度によってその質を微妙に変化させます。人の皮膚と同じように、乾燥する時期にはややかさついたり、梅雨時や夏場の湿度の高い時には、表面に油分がにじみやすくなります。いつも使っている人だから気づく、微妙な変化もあります。

「使う事がお手入れ」と言っても、自然の力に頼るばかりではその変化も味ではなく、ただのくたびれになってしまう事があります。特に気を付けて欲しいのは革のひび割れとカビ。

リュトモスの製品は、基本的にお直しをして永く使って頂くことが可能ですが、使わない期間が長かったり、適度な油分を保てずに革の乾燥が進んで、革にひびが入ると元には戻せません。場合によっては縫い直しの修理も出来なくなってしまいます。

乾燥とは逆に、湿気を多く含むとカビの原因になります。生えてしまったカビは、表面的にきれいにする事は出来ても、根が残るため再発しやすくなります。

革製品と上手に付き合うには、シミや傷よりも乾燥と湿気が大敵なのです。決まったお手入れ方法はありませんが、リュトモスの製品とより永く過ごしてもらうために、気をつけて欲しい事はふたつ。

1.油分で潤す
2.湿気を取る

乾燥していると感じたら、表面の汚れを水で固く絞った柔らかい布でふき取り、着古しのTシャツなどをカットした布に革用のオイルを少量つけ、全体に薄くまんべんなく馴染ませます。塗り終わったら、余分なオイルを軽く拭って自然乾燥させます。塗ってすぐはムラになることがありますが、馴染んでくると均一になります。ただし、過度なメンテナンスは逆効果。油分の与え過ぎは、かえって革の風合いやコシを損ないます。

濡れてしまった場合は、乾いた柔らかい布で水分を十分にふき取ります。この時、強くこするとシミが残りやすくなるので、注意しながら優しくしっかりと。その後、風通しの良い場所に陰干しした後、乾燥時と同様に軽く油分を補給して下さい。十分に油分の保たれた状態だと、傷も汚れもつきにくく、水分もはじきます。

長期間使用せずに保管する場合にも同じようにお手入れをした後、布の袋などに入れて風通しの良い場所に保管して下さい。湿気を帯びたまま密封されると、カビが発生しやすくなります。

リュトモスでは革のメンテナンス用品も取り扱っていて、お手入れの相談にも乗っています。工房にお持ちいただければ、サービスで簡単なオイルメンテナンスも施します。良い状態を保ち永く愛用していただくためにも、少しだけ革の状態を気にしてあげて下さい。そうして可愛がってあげることで、革本来の魅力を増し、深みのある自分だけの味わいになっていきます。

出来上がったばかりの新品には無い、使う人と毎日一緒に過ごすことで生まれる「味わい」が重なることで、どんどん素敵に育っていく。そんな唯一無二のあなただけのアイテムになれたら、私たちはとても幸せです。

デザイナー・職人 飯伏正一郎

chapter.1〈革は命〉

chapter.1「革は命」
私たちの暮らしは、日頃から様々な種類の素材に囲まれています。当たり前のように存在するその一つ一つが、どこからやって来て、どんな風に作られているのか。皆さんはそんな風に考えた事はあるでしょうか?

例えば、コットンの布は綿から作られています。綿は植物であり、そこには綿花を育む自然と、手間ひまかけて育てている農家の存在がある。そういうことを知識として知ってはいても、普段の生活の中ではあまり意識しないものです。

革は元をたどれば命ある動物たち。リュトモスで使用するのは牛革がほとんどで、原則的に革のために処分されることはなく、食肉産業の副産物として生まれます。牛から剥いだ原皮は塩漬けにされ、加工業者であるタンナー*1さんの手に渡ります。

鞣し(なめし)という言葉を聞いた事があると思いますが、そのままでは腐ってしまう動物の皮膚を、腐らない丈夫で安定した素材へと変換すること、つまり「皮」から「革」へ加工するのが鞣しです。この鞣しには大きくわけて2つの方法があり、簡単にいうと伝統的な方法と近代的な方法。リュトモスが使うのは前者の伝統的製法*2によるものです。昔ながらの手法で、100%天然成分を使用して作られる、手間も時間もかかる非効率な素材ですが「使えば使うほど味が出る*3」という魅力は、実はこの製法による特徴です。

自然な風合いを生かして仕上げられるため、天然の傷や、トラ*4・イナズマ*5とよばれる生きていたときの痕跡があったり、個体差が出やすい素材です。同じ1枚の革でも、裁断するのが背中なのかお尻なのか、部位によって表情が違い一定ではありません。プラスチックのような工業製品ではなく、一人として同じ人間が存在しないのと同じように、牛や馬も一頭ずつ違って当たり前。転んでケガをすることもあります。育つ環境によっては皮膚にシミもできますし、虫にも刺されます。傷やシワ、シミなどがあるのは当然で、染料の入り方も違うので色ムラも出ます。

そういう理由から、均一な仕上がりを求める量産メーカーやハイブランドでは扱いにくく、使用する場合でも傷などを避け、きれいな部分だけを使うため原価率が上がります。ブランド品が高級な理由は、実はこんなところにもあるのです。

リュトモスのコンセプトは「命」。動物たちから頂いた大切な命に感謝を込め、丁寧な手仕事で素材を余すところ無く使う。強度などに問題が無い以上、傷やシミのある部位も使用するため財布の真ん中に大きな傷がある場合もあります。パーツによって色味に差が出る場合もあります。それは私たちのモノ作りにとっては、ごく自然な当たり前のことです。

リュトモスのアイテムを手にした時、その傷やシワから、生きて走りまわっていた頃に思いを馳せてみて下さい。そうする事で今まで以上に愛おしく、世界にたった一つのモノであるという事が伝わるはずです。

私たちの作るアイテムを通じて、命の大切さや、素材の先にある人や自然の存在を意識してもらう事ができたら、とても嬉しく思います。

デザイナー・職人 飯伏正一郎

*1 革を鞣すことをタンニングと言い、それを行なう業者のことをタンナーと呼びます。
*2植物タンニンなめし・フルベジタブルタンニング・渋なめしなどの呼び名がありますが、ミモザやアカシアの樹皮から抽出されるタンニン(渋)を使い、30~40日間かけて丁寧に鞣します。この製法による革のことを一般的にヌメ革と呼びます。
これに対する近代的製法とはクロム鞣しと呼ばれる化学薬品を使用する方法で、鮮やかな発色やミシン縫製に向く柔らかさと、生産効率の良さが特徴です。
*3 ヌメ革は、使用していくと皮脂が擦り込まれ、衣類などの摩擦や日に当たったりすることで、あめ色の艶が出て来ます。この経年変化をエイジングと呼びます。
*4生きていた時のシワなどが残っているもの。縞模様になるところからトラと呼ばれます。
*5 血管・血筋の痕。革の表面にイナズマ状に走っていることからそう呼ばれます。