wish

10周年を迎えた今年、次の10年は「精神的にも肉体的にも社会的にも健康である事」を軸に据えると書いたのが2月の頭。その時にはまさか、こんな状況になるとは思っても見ませんでした。

コロナウィルスの猛威で世界中が苦境に立たされ、色んな事が次から次へと自粛になってしまい、仕事も日常生活も、何をするにも重苦しい雰囲気。先行きが不安だらけの中、自分達に今出来ることは何だろう?と考えを廻らす日々です。

僕らのお店でも、この春に10周年の感謝祭を企画していましたが、ひとまずは開催を6月ごろに見送ろうと思います。2ヶ月先にどういう状況になっているのかは分かりませんが、皆さんの健康と1日でも早い収束を願うばかりです。

友人や知人の仕事にも影響が出始めています。自分たちにその影響がやって来るのも時間の問題でしょう。自分たちだけでなく、身の回りの家族や友人、世界中の人たちの生活も守るために、皆が助け合う必要があると思います。願わくば、これを機に何が大切なのかに気づき、事態が収束したその先の世界に良い変化が起こる事を祈っています。

shop info

リュトモスは、火曜・第3月曜が定休日になりますが、今月の11日(火)は祝日のため営業致します。

〈Shop info〉
2月4日(火) 定休日
2月5日(水) 通常営業
2月6日(木) 通常営業
2月7日(金) 通常営業
2月8日(土) 通常営業
2月9日(日) 通常営業
2月10日(月) 通常営業
2月11日(火・祝) ※臨時営業

Delivery

新生活が始まる前に、全国のお取扱店に商品をお届けしました。新作の[Box][Tall][Pit]と、カラーリニューアルしたアイテムが初めてのお届けになります。

お取扱店
https://rhythmos.co.jp/shop/

新たに「愛媛」「山口」「東京・西麻布」「香川・小豆島」にリュトモスのお取扱店が増えました。
nice things.STORY / TOKYO
F.O.B STORE / YAMAGUCHI
cosha / EHIME
うすけはれ / KAGAWA

a day

リュトモスのアイテムは、全て職人たちの手縫いでつくられていますが、糸と針を使い手で縫っていく作業は最終段階。
革を貼り合わせたり、断ち落としたり。ひとつのパーツの細部も丁寧に仕上げます。

Visit our friends

holiday
2019.2.18→19

奄美大島の自然の中で、金井工芸の染色の現場を知りそして体験もしてきました。革と染め、何か面白いことができそうです。

“TAPIR”レザーケア用品

鹿児島を含む九州では、例年よりも早い梅雨入り宣言がありましたが、ここ数日は良いお天気が続き、ついつい油断してしまいます。
本州の梅雨入りももう間も無くでしょうか?
 
これからやってくる本格的な梅雨。雨が続くと気分もどんよりしがちですが、この時期だから見直せること・出来ることもあります。
家の中の整理や掃除、映画鑑賞に読書。雨の日の過ごし方が分かると、梅雨の時期も楽しめる気がしますね。
 
革製品は雨の日にはつい気を使ってしまうイメージですが、濡れないように工夫することはもちろん、濡れた後のケアが重要です。また、カビが発生しやすい季節でもあるので、日頃愛用している革製品のメンテナンスをするにも、ゆっくり時間をかけられるいいタイミングではないでしょうか?
リュトモスでは、そんなお手入れ時に活躍するアイテムもご購入いただけます。

ドイツ生まれのレザーケアブランド「TAPIR/タピール」は、素材へのこだわりが徹底していて、100%天然由来の成分で作られています。少量でもよく伸びるワックスたちは、革本来のしなやかさを蘇らせてくれるものばかり。
わたしたちの考え方と通ずる部分もあり、8年前から取扱っております。店頭では、お預かりしたアイテムのケアはもちろん、ご自宅でのお手入れに関するアドバイスも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください!

“みんなの鹿児島案内”

著者・編集者でもある岡本仁さんが、個人の視点で鹿児島のローカル情報を丹念に広い歩いたガイド本『ぼくの鹿児島案内』『続・ぼくの鹿児島案内』に続き、シリーズ第3弾となる『みんなの鹿児島案内』が発売になりました。今回は、より生活に密着した情報を集めたワークショップ版の鹿児島案内です。代表の飯伏も編集部員の一人として、鹿児島の魅力を紹介しています。

店頭ではシリーズ3冊全てを販売しております。まだまだ知らない鹿児島。ぜひお手にとってご覧ください。

Bean to bar chocolate

毎年この時期になるとそわそわする気持ちの正体は、子供の頃にすり込まれてしまった甘い記憶なのかもしれませんね。今年もそんな季節が近づいてきました。
リュトモスでは、ベルトやキーホルダーなど男性向けのギフトに選びやすいベルやキーホルダーなどもご用意しておりますが、今年はバレンタインに合わせ「Kiitos/キートス」のチョコレートを期間限定で販売致します。
キートスは、発売されてまだ間もない鹿児島メイドの”Bean to Barチョコレート”。Bean to Barとは、カカオ豆を仕入れて焙煎・粉砕するところから、チョコレートになるまでの全ての製造工程を一つの工房でおこなうことを意味します。手間ひまかけて作られたチョコレートを、同じく手仕事で作られたリュトモスのレザーアイテムに添えて、普段お世話になっている方や大切な人への贈り物にいかがでしょうか?

販売期間 2018年2月1日(木)〜2月14日(水)
Kiitos
https://kiitos-cacao.com/

RHYTHMOS 2018

新年を迎え、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。遅ればせながら、みなさま明けましておめでとうございます。旧年中は、西海岸の旅で刺激を受けたり、新しいスタッフが増えたり、新しいことに挑戦してみたりと思い返せば盛りだくさんの1年でした。今年はすでに展示会やイベントの予定などもどんどん決まっていて、活動的な年になりそうです。毎年の事ですが、新年を迎えるにあたり初心に立ち返り、10年後も変わらず愛される「定番」と呼ばれるようなアイテムをご紹介出来るよう、自分たちにしか出来ない仕事を表現できるよう日々精進して参ります。

応援・サポートしてくれる友人たち。ご来店くださるお客さま。リュトモスを取扱っていただいている店舗の皆さま。本当に感謝です。
それでは、実り多きたくさんの良い出会いと経験のある1年となりますように。そしてみなさまにとってもそれぞれ良い1年となりますように。2018年もどうぞよろしくお願いいたします!

San Francisco

朝早くからゴールデンゲートブリッジを渡り、友人たちがお勧めするダイナーで朝食。その後は、同じエリアにある革の問屋さんでアメリカのレザーを物色して、情報収集したりツールを購入したり。そして、目的地であるソノマにある”SCRIBE WINERY”へ。

素晴らしい天気の中、真昼間から美味しいワインとランチを味わい、まるで天国のようでした。ワイナリーで2時間ほどのんびり過ごした後はサンフランシスコ市内に戻り、街をぶらぶらしてからメンバー全員が行きたいと願っていた”CAMINO”でディナー!料理はもちろんサービスや店の雰囲気を含め、最高のパフォーマンスを堪能しました。贅沢な1日。