ひと針ひと針

ふと気づけば12月に入ってもう1週間。今年はウィルスの世界的流行で、誰もが先の見えない霧の中を進むような思いで過ごしてきたのではないでしょうか?
そんな中で、改めて強く感じた事の一つは、人と会って話せる事の大切さ。外出を自粛したり、距離を保たなければならない中で、久しぶりに会う友人達との時間や、お客様との会話は、暗くなりがちな気持ちがパッと明るくなる素晴らしいもので、当たり前の日常の尊さを感じました。

第3波が押し寄せる中、相変わらず感染症対策には配慮しなければなりませんが、人との出会いの場を無くさないためにも、今月もイベントを開催します。
今回の会場は、アミュプラザ鹿児島・プレミアム館2階のJOURNAL STANDARDさん。今年9月にリニューアルした店内にある、イベントキューブ内での開催です。

今回はブランドの根幹にあるフィロソフィーにフォーカスした展示販売となります。
「命の素材」と「手仕事」を大切にするその理由を、職人の【ひと針ひと針】から感じていただけると嬉しいです。

【ひと針ひと針】
-RHYTHMOS HAND CRAFTED LEATHERS-

会期 2020年12月10日(木)~12月27日(日)
場所 JOURNAL STANDARD イベントキューブ内
住所 鹿児島市中央町1−1 アミュプラザ鹿児島
時間 11:00~20:00
電話 099-812-7465

※10~18日までは展示のみ。19日からは、ブランドの代表作であるお財布「Zip/ジップ」の販売と、デザイナー兼職人の飯伏正一郎によるデモンストレーションを行います。

〈 #ash_13 ash Design & Craft Fair〉

〈 #ash_13 ash Design & Craft Fair〉
2020年11月21日(土) 〜 12月6日(日)

https://ash-design-craft.com/13/

リュトモスのブランドのデザイナー兼職人である飯伏、アパレルブランド【HiHiHi】の末田昌士、アートブランド【CALMA】の岡本亮、奄美の染色家【金井工芸】の金井志人による4名の共同で展示企画予定です。

Shop info

通常、火曜日と第3月曜は定休日となりますが、11月3日(火)は祝日のため営業致します。

Event(山形・troa accessories)

南国・鹿児島という事もありご縁の少ない東北地方ですが、そんな中でも山形県にはちょっとした繋がりがあるようです。
鹿児島県民が愛する老舗百貨店・山形屋の前身は、庄内地方から来た紅花商人が開業した呉服屋だったとか、
全国に4箇所ある、西郷隆盛を祀る南洲神社の一つは山形県酒田市にあるとか。

そして、その酒田市にはRHYTHMOSのお取扱店・troa accessoriesさんがあります。
トロアさんでのお取り扱いが始まって、かれこれ4年ほど。
オーナー様からの熱いラブコールを受け、山形では初となるPOP-UPイベントを開催することになりました。

感染症対策は万全に細心の注意のもとで、山形の皆さまにお会い出来ることを楽しみにしております!

〈RHYTHMOS POPUP SHOP〉
会期 2020年11月7日(土)~11月15日(日)
場所 troa accessories
住所 山形県酒田市東泉町6-2-11
時間 10:30~19:30
電話 0234-43-8738

※Workshopは定員に達したため受付け終了しております。

※在店予定日→11月7(土).8(日)
デモンストレーションとともにご購入いただいたアイテムへの名入れのサービスを行います。

※イベントの期間中も鹿児島のShopは通常通り営業しております。

troa accessories
https://troa.jp/blog/20201023_5647

EVENT「GOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2020・森の学校」

今年で11回目となる「みんなでつくる文化祭」

1回目が開催された2010年は僕がお店をオープンした年でもあり、お店と同い年のイベントに1回目からずっと運営側で関わって来ました。今年は期せずして感染症の渦の中で開催することになりましたが、季節を変え、規模を変え、ある意味で成熟した内容になると思っています。

イベントが続く中で、大きくなっていく事は良い事でもありますが、代表の坂口さんと話す中で、実行委員として関わる中で、
自分たちが本当に作りたかった場所はどういうものだったのか、そんな話を繰り返して来ました。

アーティストやコンテンツでお客さんを呼ぶのではなく、自分たちが楽しい事やるからその場所に友達を誘う。
その中に楽器を演奏できる人が居たら音楽を。ものを作れる人がいればみんなでワークショップを。料理ができる人がいれば、みんなでご飯を。

そんなBYO(Bring Your Own = 持ち寄り)の精神が、ジャンボリーの根底にはあります。

言葉に語弊があるかもしれませんが、このウィルスの流行が無ければ、思い切って規模感を小さくする事は出来なかったかもしれません。ある意味では、この感染症による良い影響のひとつかもしれません。
イベントだけでなく、RHYTHMOSの活動においても見つめ直すきっかけになりましたし、周囲の方達と話していると、そういう声は少なくないようです。感染症を克服したその先には、何かが変わってなきゃいけないよね、と。

話が大きく逸れてしまいましたが、今年も変わらず運営側としてお手伝いします。
リュトモスのスタッフも運営側のサポートとして参加しますので、イベント当日(10/31)、shopはお休みとさせて頂きます。

リバーバンク森の学校でお会いしましょう。

https://goodneighborsjamboree.com/2020/

〈GOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2020〉
会 期 2020年10月31日(土)
場 所 リバーバンク 森の学校
住 所 鹿児島県南九州市川辺町本別府3728-2

****************************************************************************
グッドネイバーズジャンボリーは、鹿児島県南九州市の森の中の廃校で行われる「みんなでつくる文化祭」です。11回目の2020年は心地よい風が吹く実りの秋に開催します。
気持ちも新たな10+1回目、会場はクラウドファンディングによる森の開拓など、これまでにない取り組みを通じてスペースが大きく広がっています。人と自然が共存し、より過ごしやすい環境へと変化しています。
奇しくも世界的なウイルス感染拡大の中で開催を検討することにもなりましたが、十分なスペースの確保、人と人との快適な距離が保てる環境で、ジャンボリーも持続可能なフェスティバルの開催へと前を向いています。
フードやドリンクのブース、地元クラフトマンを中心に展開されるワークショップ、音楽やカルチャーを体験し学ぶコンテンツも同様にアップデート。今年からキャンプインも楽しめるよう準備を進めています。
涼しい空気の中で開催されるグッドネイバーズ・ジャンボリーの新しい10年が始まります。
今年は食と文化の秋に、森の学校に集まりましょう。